top of page

​BLOG

特集記事

翻訳記事7:行動を修正する最も簡単な方法! by Pamela Clark ★穴埋めあり★

Pamela Clarkさん(獣医師、行動コンサルタント)よりご承諾いただき、Pamelaさんの記事を翻訳させていただいています。

(前回の翻訳からずいぶん間があいてしまいましたが…)

Pamelaさんの記事を通じて、各ご家庭での環境や生活リズムの中で、様々な性格の鳥さんたちにとって何が最適な暮らしでありどうやったら鳥さんのQOL(生活の質)をあげられるのかのご参考にしていただきながら各ご家庭で応用していただけましたら幸いです。

Pamela Clarkさんのホームページ

ブログ

--------------------------------------------------

今回は、いつものように、ただ翻訳文を掲載するだけでなく、実例紹介のところを一部穴埋めにしています。記事内容を読んでいただき、ご自身のアイディアも考えていただく練習にしていただけたらいいなと思っています。別の記事で、翻訳文全文を掲載いたしますので、そちらで答え合わせをしてみてください。

ただし、答え合わせと言っても、方法は一つではありません。それぞれの鳥さんに合った方法を探っていっていただけたらと思います。

--------------------------------------------------

『行動を修正する最も簡単な方法!』★穴埋めあり★  2020.04.09

配偶者、同僚、子供、ペット、さらには害虫など、他の人や種の行動を変えるために、日々の大半が費やされているように思えることがあります。

スマホなどの画面を見つめるのではなく、子供たちに宿題をやらせるのに苦労している。お客さまに飛びかかるのではなく、犬に座っていてもらいたい。無害のカタツムリ駆除剤を探している。私たちは、雄叫びを上げたり、攻撃的だったり、羽を抜いたりするインコ・オウムにイライラしてしまい、1つの戦術を試し、次に別の戦術を試して止めさせようとします。同時に、野菜を食べさせたり、おもちゃで遊んだり、水浴びをさせたりもしますが、うまくいきません。

結果と罰

問題行動に関して、私たちの最初の傾向は通常、結果を見つけ出してそれを止めさせることです。さらに、その結果は、しばしば罰という方法を用いることになります。

宿題が終わらない場合スマホなどを取りあげます。犬が飛びついたら犬をケージに閉じ込めます。インコ・オウムが雄叫びをあげたら、鳥にスプレーで水を噴きかけるか、ケージにカバーをかけます。鳥が咬んだら、「タイムアウト」のためにケージに入れます。

なぜ私たちは行動を変えるために、結果に焦点を当てようとするのでしょうか。おそらく、それはとても見覚えがあると感じるからです。私たちは皆、計画の失敗や私たち自身の誤算からくるつらい結果を経験しています。指を何度も強く打ち付けることで、ハンマーを正しく使用する方法を学びます。失敗を経験したら、その過程を修正します。消化不良の眠れない夜を経験したら、ハラペーニョを避けます。

私たちの多くは、結果が他者からの罰を受けるという形になることも非常によく知られています。赤信号を横断すれば、罰金を支払う。子供が学校で行儀が悪ければ、校長が家庭を訪問して面談する。法律を破れば、刑務所に入る。年を重ねてきた私たちは、悪いことをして、両親にお尻ペンペンされたことを覚えているでしょう。これは若い頃の慣例みたいなものです。私たちは、結果、特に結果が罰となる社会の中に住んでいて、これが行動を変えるための最初の「主力」となる方法です。だからと言って、インコ・オウムの行動を変える必要がある時に、結果に焦点を合てるのは不思議だと思いませんか。もちろん、そうは思わないでしょう!それは慣れ親しんで、巧妙に提供される罰は、将来の問題行動を減らすのに役立つでしょう。さらには、欲求不満と怒りを和らげることができるので、罰を与える側は、良い気分だとしばしば感じるでしょう。

ただし、多くの問題は罰の使用から生じます。ポジティブパニッシュメント(正の罰)の結果には、恐怖または攻撃性のいずれかの表出が伴う、逃れたいという欲求が含まれる場合があります。その他の予期しない結果は、無気力になり、他の行動も抑制される可能性があります。ネガティブパニッシュメント(負の罰)の結果には、ストレスと欲求不満が含まれます。一般に、行動を罰するための行動を取ると、信頼が失われ、別の種類の問題が増加することがよくあります。(Chance、1999年)。私たちは、行動を変えるための主な戦術として、インコ・オウムを罰する立場になりたくありません。

応用行動分析

ありがたいことに、多くの問題行動を効果的に解決する、はるかに優れた方法があります。先行事象(あるいは先行条件:antecedents)を変えることで、問題行動を少なくし、望ましい行動をより頻繁に生じさせることができます。私はあなたを裏手のドアから、応用行動分析の家に招き入れました。応用行動分析(行動科学)は、行動を変化させるための体系的で科学的に証明された方法を提供してくれます。

Facebookやその