top of page

​BLOG

特集記事

【終了】鳥さんヒント講座 in 佐世保

「鳥さんのことが大好き!鳥さんのことをもっと勉強したい!」

「現状、特に問題はないけれど、鳥さんの暮らしをさらによくしてあげられることがあれば知りたい。」

「改善したいことがあるけれど、誰に相談していいのか分からない…」

「いろいろな意見があってどれが本当か分からない。」

これらに充てはまる方がいらっしゃったらぜひ一緒にお勉強しませんか。

鳥さんの飼養に関することや鳥さんとのコミュニケーションにはマニュアルはありません。飼い主さんにも鳥さんにもそれぞれの個性があるからです。

わたしたち飼い主にできることは、他の鳥さんと比べるのではなく、自分の鳥さんを適切に観察してそのコに合った食事や環境、遊びを整えてあげることが大切だと考えています。それにはポイントを抑えることが必要です。応用行動分析学の力を借りて、鳥さんと健康に楽しく暮らしていくためのヒントを一緒に考えてみませんか。

[日 時] 2017年12月16日(土)9:40~11:30(開場:9:30)

[会 場] アルカスSASEBO/小会議室

交通のご案内

     〒857-0863 長崎県佐世保市三浦町2-3

[対 象] どなたでもご参加いただけます。

[定 員] 20名

[参加費] 2500円

[テーマ]

鳥さんを取り巻く環境

~ケージ内のレイアウトと置き場所&フォージング(初級)~

鳥さんのケージ内レイアウトやケージの位置、本当に鳥さんにとってベストの状況でしょうか。

今回は…

1)一日の大半を過ごすケージだからこそ、楽しく快適に暮らしてもらうための見直しのヒント。

2)上げ膳据え膳になりがちな飼養下の鳥さんに、野生で暮らす鳥さんのようなフォージングという課題を与えて退屈な時間を減らす取り組みのヒント

について、一緒に考えていきたいと思います。

*フォージングは誰でもすぐに簡単にできるところからスタートします。

[鳥さんへの手土産]

鳥さんには食の楽しみや食のバラエティーが必要だと考えます。

ドイツで販売しているとりきち横丁さんから主に穂類を取り寄せてみました。(内容に変更が生じる場合がございます。あらかじめご了承願います。)

ご希望の方にはお持ち帰りいただけます(別途実費がかかります)

鳥さんの好みは様々です。少量からのお試しで、せっかく購入したけど見向きもしてくれなかった、、、という飼い主さんの心とお財布の打撃が軽減できたら幸いです。

「うちのコ気に入ってくれた!」「こういう工夫をしたら食べてくれた」「全然ダメ、、、」などなど、次回以降開催の講座でぜひ(鳥さんの)感想をお聞かせください。

[講 師]

柴田祐未子(バードコンサルタント)

「鳥さんの行動には全て理由がある」をモットーに、これまで、小型から大型の鳥さん相手に、咬み付きや呼び鳴き、毛引き、自咬、発情、引きこもりなどの改善や恐怖心の克服などに取り組む。応用行動分析学に基づくポジティブレインフォースメント(正の強化)を用いたトレーニング法を推奨。

[専門分野] 鳥さんのトレーニング、フォージング(採食行動)

[著書・監修]「はじめてのインコ飼い方・育て方(学研プラス)」、「インコと飼い主さんの事件簿(誠文堂新光社)」、「これ1冊でわかる しあわせなインコとの暮らし方(マイナビ出版)」、「インコ&オウムのお悩み解決帖(大泉出版)」、「小鳥のキモチ(学研プラス)」、「ALL BIRDS(インターズー)/白色オウム」、「コンパニオンバード(誠文堂新光社)No.16/白色オウム」

[『鳥さんヒント講座』3つの趣旨]

①人と暮らす鳥さんはコンパニオンバードとしてのルールを学んでもらう必要があると考えています。それには、人側が適切に伝える方法を知っておかなければなりません。適切に伝わっていないにもかかわらず、「何度言ってもダメ!頭が悪い!」と一方的に鳥さんのせいにしてしまうのはフェアではありません。人も鳥さんも楽しく健康に暮らしてもらうための方法であり、コミュニケーションの一つ、それがトレーニングです。決して、人側の要求を一方的に押し付けるものではなく、鳥さんらしさを尊重したものでなければならないという考えに則り、小型の鳥さんから中型、大型の鳥さんまで、お互いの意思の疎通を図る手段として、一人でも多くの飼い主さんに知っていただき、一羽でも多くの鳥さんが楽しく健康に暮らすことができることを目指したいと思います。

②飼い鳥専門の病院が少ない地域だからこそ、「治療より予防」に焦点を当て、食事面や飼養環境について、それぞれの鳥さんにとって最適な環境とは何かを一緒に考えていきたいと思っています。目指すは、心も身体も強い鳥さんです!

③鳥さんが好きな飼い主さま同士の情報交換の場、そして交流の場となって、横のつながりができてくださると幸いです。