top of page

​BLOG

特集記事

<鳥さん個別相談・飼い主さんの声6>じゃじゃまるちゃん・モモイロインコ|呼び鳴き改善、咬みつき改善



鳥さんにトレーニングを行う上で、応用行動分析学に基づくトレーニングの原理は同じでも、鳥さんや飼い主さんの性格・生活リズムによって、それぞれに合ったアプローチ法をあてはめていく応用力が必要となります。そこで、さまざまな鳥さんや飼い主さんの取り組みを知っていただくことで、ご自身の鳥さんのトレーニングに応用しやすくなるといいなと思っています。

それでも、まったく同じことを試してみてもうまくいくとは限らないのがトレーニングの難しいところでもあります。

ちゃんとやってるのにうまくいかない…

という場合は、何かしらのポイントがうまく鳥さんに伝えられておらず、トレーニングの見直しが必要だと判断できます。鳥さんに適切に伝わらない方法でこの先ずっと継続したとしても、残念ながら改善は見込めないと思われます。そんな時は、トレーナーに相談していただけたらと思います。

トレーニングは、鳥さんに人がこうしてほしい、これはやめてほしいということを適切に伝えられるツールです。トレーニングを行うことで、鳥さんの行動を観察することになるので、鳥さんのボディランゲージを通じてたくさんの気持ちを受け取ることができるようになると感じています。そして、鳥さん側からしてみたら、大好きな飼い主さんと一緒にできる遊びの一環でありコミュニケーションの一つです。人側の一方的な希望を押し付けることは本意とはしておりません。そのため、飼い主さんが100%望むような改善につながらないケースもあることもご理解いただけたらと思います。

それでも、現在、鳥さんの困った行動にお悩みの方、他の飼い主さんと鳥さんの取り組みを知っていただくことで、あきらめずに自分もやってみよう!と思ってくださるきっかけになっていただけたら嬉しいです。


----------------------------------------------------------------------------

<飼い主さんの声>じゃじゃまるちゃん・モモイロインコ|呼び鳴き改善、咬みつき改善

・鳥さんのお名前:じゃじゃまるちゃん 

・鳥種: モモイロインコ

・ご相談時の年齢: 約7か月

・ご相談内容: 呼び鳴き改善、咬みつき改善

・飼い主さま:じゃじゃまま さま

・ご相談日:2019年10月20日(初回)、2019年11月17日(2回目)

・ご相談方法:オンライン


<飼い主さんより>

この子を迎えて1~2ヶ月ほど経った頃、呼び鳴きと噛みつきに困り果て、藁にもすがる思いで柴田さんにご連絡しました。もともと小&中型インコを飼った経験があり、インコのことはよく知っているつもりでした。憧れの大型インコを迎えて喜んだのも束の間、声の大きさやパワーの強さは想像以上で、早くも手に追えない状態になっていました。ネットに転がる情報を拾って試すものの(ギャーギャー鳴くときは部屋を暗くして落ち着かせる、など・・)まったく効果なし。お迎えする前にSNSで色々な大型インコを見ましたが、どの子もお利口に見え、「どうしてうちの子だけこんなにおバカさんなの・・」「これから何十年も一緒に暮らすのに、こんなことでやっていけるのだろうか・・」など、絶望的な気持ちになっていました。

(柴田さんのトレーニングを終えたあと、自分がよかれと思ってやっていた事がことごとく逆効果で、しかも“おバカさん”だと思っていたじゃじゃまるがとても頭のいいインコだったと知って衝撃を受けるのですが・・)



Q1:ご家庭で行ったトレーニング内容について:


■ご褒美として利用したもの:

 小粒ヒマワリ(もともと普通サイズのものを使っていましたが、柴田さんのアドバイスで小粒のものに変えました。すぐに食べられるのでトレーニング中にピッタリでした。)

*トレーナーより補足*

 トレーニングの時に1回に渡すご褒美のサイズは、鳥さんの鼻の穴くらいのサイズが反復のトレーニングが必要な時は最適です。粟穂を使う場合は鳥さんが一口食べたら粟穂を引く、エンバク(オーツ麦)を使う場合は1本を半分に折ってから使うなど、鳥さんの大好きなご褒美によってサイズの調整をお願いします。


■呼び鳴きに対してやったこと:

- ギャーギャーキーキーが収まらないとき、異質な音(鍋の底をカーンと鳴らしたり)で一瞬気を紛らわせる。静かになったらオヤツをあげる(*1)。

→最初の頃はこれをよくやりました。冠羽をピン!と立てて一瞬固まるスキきにすかさずオヤツをあげました。ただしすぐに音に慣れてしまうので、代わりの音を探すのが大変でした。(笑)

*トレーナーより補足*

 雄叫びをあげている時に、鳴き止むまで、あるいは疲れて鳴き止むのを待っていてもいつになるか分かりませんし、まず疲れません。声を掛けて止めさせようとすると、鳥さん側は「そうか!これくらい鳴けば声を掛けてくれるんだ♪」と学習してしまい改善は見込めなくなってしまいます。なので、雄叫びにのめり込んでいる時は、一瞬我に返ってもらえるように飼い主さんの声以外の音を出してもらいました。この後のご褒美をあげる上記*1のタイミングとしては、我に返って雄叫びをあげなくなってから少なくとも10秒は時間をおいてご褒美をあげるようにお願いしました。そうしないと、鳥さんの受け取り方として、①雄叫びをあげる⇒②なんか変な音がする⇒③ご褒美がもらえる♪と連続した形で学習してしまうからです。


- お喋りの時に声をかける/数回に一度は顔を見に行く&オヤツをあげる

→徐々にお喋りが出はじめていた頃だったので、自分からお喋りをした際は顔を見たり、近寄ったりオヤツをあげたりと、積極的に反応するようにしました。

-ギャーギャーが始まったら、声をかけてお喋りを促す。お喋りのレスポンスがあったら近寄って褒める&オヤツ。

*トレーナーより補足*

 呼び鳴き改善は、行動を修正していく最初の1か月は飼い主さんにとって一貫